If you click this pic, you'll read the article "Ponyo's Terrible Essence". This E-Book is so terrible & great. Buy & Read it!!


Danbianxiashi, target of this technique is enemy's lower-body.

Danbianxiashi is difficult to understand this technique's meaning.

【Zhener】今回の紹介技は"DanbianXiashi(単鞭下勢)"です。おぉ、ついにきたか。これ理解が難しいんだよな、それで老師や姐々アタシにどう教えるか難儀してたよ。


【Mermaid】私も理解に手間取りました。私の場合は剣術もあったから真児さんよりは早かったかも。


【Zhener】う~ん・・・確かに剣術と並行して学ぶ人魚ちゃんの方がいいのかもしれないなぁ。


【Mermaid】まあ、刀剣を持っていなかったら応用が利きにくいかもしれないですけど。


basic movement of Danbianxiashig

【Zhener】それじゃあ単鞭下勢Danbianxiashiの基本の動きを。
1.とりあえずは右手で受ける場合。なお大体の場合右手で相手の右手の加撃を防御・反撃するので。右手で受けて自分の外側に流す。この際に自分の左手も右手に添えておこう。
2.1の時に左足を軸足にして回る。右手で受けるなら反時計回り、左手で受けるなら時計回りになるのかな。まあ外側に回るでいいか。
3.適当なところで軸足を返る。


【Mermaid】ここまではDanbian単鞭と同じですね。


【Zhener】4.ここまで上手くいったなら相手を相当自分の右側に引き付けているだろう。(右手で受けた場合)左足を前に出すのだが、その際に左足を伸ばし右足は折りたたむ。
5.左手を前に伸ばす。


【Mermaid】足の動きですが、これを"pubu(仆歩)"と言います。一見妙な動き方ですが・・・。


【Zhener】この"pubu(仆腿)"なんだけど人によっては難しいみたい。アタシや人魚ちゃんは割と関節の可動域が広い(つまり、柔軟性に富んでいる)から難なくできたけど。自重トレのスクワットを多くやってたら割とできるようになるよ。


How to use "DanbianXiashi" in practice

【Mermaid】ありがとうございました。柔軟性ですが、この動作で重要なのは股関節や膝よりも足首の可動性ですね。動作はこれなんですけど、どういう意味があるのでしょうか?それが今でもよくわからなくて。


【Zhener】At 1st, target is enemy's testicles. We will strike or grasp them. If enemy is destroied his testicle, he will stop his moving. They will suffer from pain & shame.


【Mermaid】Oh...I can't understand them(bitter laugh). でも相手が女性だったら(全然平気なわけではないが)効果が少ないのではないですか?


【Zhener】まあね。それに女相手なら他に手段もあるし・・・。まあ冗談はさておき、"Aim enemy's testicles"はかなり軽そうです。それならそれで他の技があるし。


【Mermaid】やはり投げになるのですか?


【Zhener】投げないし崩しかな。老師や姐々はいくつかパターンを持ってた。まずは谷落とし。もう使えないんだけど柔道の技ね。


【Mermaid】ベルトを掴んで後に倒すのですね、伸ばした脚で進行方向を押さえて。


【Zhener】次に、外無双ないし内無双。手で足を払って投げ(というより転ばせ)、次の手につなげる。そして片足タックルのように使ってうつ伏せにする。


【Mermaid】先生は組み技強いですから。


【Zhener】人魚ちゃんは剣術強いけど、どうやって使ってたの?


【Mermaid】相手の加撃を捌いてからこれで脚を切ります。私はまだまだなのですが、先生や小青さんがやると本当に水や風が流れるみたいにすばらしい。


The weak point of this technique

【Zhener】でも人魚ちゃん、どうも言いたいことがあるような気がするんだけど・・・。


【Mermaid】はい。このDanbianxiashi(単鞭下勢)・・・というよりPubu(仆歩)、欠点が幾つかあるような・・・。


【Zhener】でしょうね。この動作自体膝や足首の柔軟性が求められる。それですか?


【Mermaid】それもあります。でもこの動作は環境に左右されます。具体的に言えばまず履き物が限定される。


【Zhener】確かに足の動きが不自由そうなのはダメでしょうね。


【Mermaid】そしてそれより大きいのは床。摩擦が小さい床ならいいんですが、アスファルトとかザラザラしたところだとPubu(仆歩)に切り替えるのは難しいのでは?


【Zhener】流石人魚ちゃん、姐々の直弟子だけのことはある。この技術や歩法は”普遍性”という点で疑問符がつくもんね。まあなきゃないで闘える技ではあるんだけど・・・。


【Mermaid】先生みたいに格好よく闘いたいのですけどね。


This is Advertise