Lujishi, is it superior technique than Lanquewai?

Lujishi is similar to Lanquewei.

【Zhener】今回アタシらが紹介する技はLǚjǐshi(扌履擠勢/捋挤勢)。ところで姐々、この技どっかで見たことがあるようなないような・・・。


【BaiNiang】どちらなんですか真児(smile)。でもあなたが中途半端でも憶えていてくれて少し嬉しいですね、Lanquewei/攬雀尾という技でした。技自体は大体同じですが、コチラの方が若干面白いかな?私はLujishiの方をよく使いますが。


【Zhener】じゃあアタシは易きに流れてLanquewei/攬雀尾愛好家になるわ。


【BaiNiang】それはそれで構いません。しかし真児、Lujishi(扌履擠勢)も憶えてもらいます。「知らないから身についておらずそれ故に使えない」のと「身についてはいるが敢えて使わない」は全く意味が異なりますからね。


basic movement of Lanquewei

【Zhener】それでは実演しましょう。左手左足が前の状態からスタート。左腕を挙げ、左掌を右側に向ける。右腕は左腕に添える。


【BaiNiang】相手の加撃が左から来ることを想定しています。大体は・・・右腕による加撃かな。この動作がpēng(掤)、相手の加撃を遮り防御すること。


【Zhener】次の動作ね。右手で相手の右腕を自分の左腕越しに掴み引っ張る。身体は・・・どうなるのかな?


【BaiNiang】大体半身になりますね。引っ張る動作ですから普通は後ろに下がりますが、この技は何故か右方向に動きます。演舞に近づけるなら右足を右に大きく開いて引っ張ってください。この動作がlǚ(扌履)です。


【Zhener】アタシらは実戦主義だから型や演舞とは大きく異なることが結構ある、ややこしいな。左手はどうするの?


【BaiNiang】私達の場合は相手の右肘を押さえてもいいですね。そうするには左前腕を左肘を軸に外側に旋回させます。また肘を取りたいなら相手の右腕を引く際に内旋させておいてください。


【Zhener】なるほど・・・それから、右足を前に出す。両腕は胸位の高さまで持ち上げ、それが終わったら左手を相手まで伸ばす。右手は左手に添えておく。


【BaiNiang】右手ですが左手首を握るように添えています。動作の最後に使うので、終わり次第すぐ引いて曲げてタメを作ってください。なおこの動作がjǐ(擠​/挤)です。


【Zhener】そして最後の動作に。左足を前に踏み込む。あらかじめ相手に伸ばして届いている(だろう)左手に、右手を重ねて強く押す、どすこーいッと!これはAnji(按撃)!!これでいいですか姐々?


【BaiNiang】はい、これで完成です。と異なる点としては按撃はこの一度のみです。


peculiarity of Baishi-Taijiquan style's Lujishi

【Zhener】ただ、姐々や師匠がやる技はordinaryな奴とはかなり違っていた。あれは?


【BaiNiang】私の場合はlǚで相手の右腕を取りますからね。実はあれから動きが変わるのです。


【Zhener】どんな風に?


【BaiNiang】Daojuangong倒捲肱の様に肘を取った後さらに引っ張って(斜めからですが)相手の背後を取ります。そこから相手の腕を右外側へ払ってからjǐ, anと繋げる。普通は正面からしか入らないではないですか。


【Zhener】まぁ、側面や背後から打ってはいけない訳じゃないし・・・。


Bai Suzhen likes many arranged technique.

【BaiNiang】勿論jǐ, anと流れるかどうかも常に定めてはいません。他の打撃や組み技が有効ならそちらを使います。


【Zhener】まあ、大事なのは実戦だからなあ・・・流石実践主義・・・!あとこの技って後ろに下がらないのね。


【BaiNiang】そうですね。あとLujishia(Lǚjǐshi/扌履擠勢)について。Lǚは手偏に履の方が意味が正確です。現在使用されている文字だと”撫でつける”になってしまいますから。


This is Advertise