Zhuanshendalu is the technique that draws a big circle.

Bai Zhener meets her elder sister Bai Suzhen after a long time.

【Zhener】おお姐々久しぶり。今までどうしてたのよ?


【BaiNiang】私も私で用事がありましたから。真児、ちゃんと稽古を続けていましたか?


【Zhener】まぁ、それなりにはね。今日は何やるの?


【BaiNiang】それではZhuanshendalǚ/転身大扌履を実演してください。


Basic movement of Zhuanshendalu

【Zhener】それじゃあ。とりあえず左手左足が前の状態からスタート。両腕は下げている状態だったのでこれらを肩の高さまで引き上げる。


【BaiNiang】この際に重心は後ろ足(右足)に最初かけますが、すぐに前足(左足)にうつします。


【Zhener】次に左足を軸足にして右足を弧を描くように前進させる。前進は・・・両足がパラレルになるまで。


【BaiNiang】両腕は正面に伸ばします。この両手でやってくる攻撃を受けます。


【Zhener】右足を少し前進させる。軸足は左足。両腕は左方向に引っ張るように流していく。できれば体幹も左に捻じるよ。


【BaiNiang】相手の加撃を左方向に捌ききるまで続けます。右掌は肩よりも高く、左掌は肩より低くして下さいね。


【Zhener】ここまで上手くいくと右半身くらいになってるはず。今度は右足に軸足チェンジ、左足を弧を描くように後退させる。両掌は上方向から下方向へ、相手の加撃を右側に捌く。


【BaiNiang】あともう少しですよ。


【Zhener】上半身・・・というか腕だが、左腕は左掌を上に向けて左肘を折りたたむ。左脇はしめておく。右掌は・・・やはり左腕同様に肘をおりたたんで脇をしめる。下半身は・・・回転し終えたら軸足を変えて、前の軸足を外側に伸ばす。姐々、これでいい?


【BaiNiang】この際に前腕の向きに気を付けましょう。左前腕は床と平行に、右前腕は垂直になります。これで終了です。真児、お疲れさまでした!


How to use Zhuanshendalu in Practice

【Zhener】う~ん・・・この技は大体使い道は分かるんだけど・・・どう説明したらいいのかな?


【BaiNiang】徒手空拳や棍棒、杖などなら想像はつくでしょう。Daojuangong/倒捲肱 と使い方は同じです。違いと言えば倒捲肱は巻くけれどこっちは巻かない。実際に少しやってみましょうか。


【Zhener】イタタタタタ!あぁ、大体同じだったよ・・・。


【BaiNiang】違いとすれば倒捲肱が支点を取るのに対し転身大扌履はそれを取らない(取れない)、などでしょう。


【Zhener】姐々は極悪鹿とやりあったときは簡単に投げ飛ばしたから、支点をとらなくてもいいんだよね?


【BaiNiang】”突く”動作に対しては杖でも棍棒でも倒捲肱はできます(支点は取りにくいけど)。転身大履は棍棒で”横殴りに叩いてきた”用の技になるでしょうね。


【Zhener】クリケットやSoftball & Baseball Bat で打たれるみたいな感じ?


【BaiNiang】そうそう、そんな感じです。横殴りに来た相手の加撃をとりあえず両手で止め、左右どちらかに(相手の力を逆利用できる方向に)引っ張るのです。これもZuoyouchuansuo/左右穿梭に似てますね。


【Zhener】相手の力を弧を描いて奪うのね。


【BaiNiang】最後に軸足チェンジして足を外側に伸ばしますが、あれでTaiotoshi(Judo)のように相手を投げることも可能です。


【Zhener】姐々のWushuは結構投げ技使うよね?いや、嫌いじゃないのよ?


【BaiNiang】ならいいじゃないですか(smile)?


This is Advertise